歴代【大河ドラマ】主演俳優・女優一覧!最年少で主役を務めたのは誰?

日本で長年続くドラマの代表格といえばNHK『大河ドラマ』。

歴史上の人物の生涯を描いたドラマは見ごたえ たっぷりだよね。
主演をはじめ、豪華俳優陣も話題になっているよ。

そこで今回は、歴代 大河ドラマの主演俳優や相手役の女優を一覧や、最年少で主役を務めたのは誰なのか調べてみました。

スポンサードリンク

歴代【大河ドラマ】主演俳優・女優一覧

大河ドラマ全タイトルとストーリーは⇒こちら

第1作-第10作(1963-1972)

放送年 タイトル/主人公 主演 相手役
1作
1963年
「花の生涯」
井伊直弼
尾上松緑 八千草薫
2作
1964年
「赤穂浪士」
大石内蔵助
長谷川一夫 山田五十鈴
3作
1965年
「太閤記」
豊臣秀吉
緒形拳 藤村志保
4作
1966年
「源義経」
源義経
尾上菊之助 波野久里子
5作
1967年
「三姉妹」
永井家 三姉妹
岡田茉莉子
藤村志保
栗原小巻
6作
1968年
「竜馬がゆく」
坂本龍馬
北大路欣也 浅丘ルリ子
7作
1969年
「天と地と」
上杉謙信
石坂浩二 樫山文枝
8作
1970年
「樅ノ木は残った」
原田甲斐
平幹二朗 吉永小百合
9作
1971年
「春の坂道」
柳生宗矩
中村錦之助 小林千登勢
10作
1972年
「新・平家物語」
平清盛
仲代達矢 中村玉緒
第1作の「花の生涯」の時代は、映画各社の専属俳優はテレビには出演できない協定があったため、キャスティングには苦労したみたいだよ。
第5作「三姉妹」は、初の女性主人公の作品なうえ、三姉妹は架空の人物なんだ。

11作-20作(1973-1982)

放送年 タイトル 主演 相手役
11作
1973年
「国盗り物語」
斎藤道三
織田信長
平幹二朗
高橋英樹
三田佳子
松坂慶子
12作
1974年
「勝海舟」
勝海舟
渡哲也
→松方弘樹
丘みつ子
13作
1975年
「元禄太平記」
柳沢吉保
石坂浩二 若尾文子
14作
1976年
「風と雲と虹と」
平将門
加藤剛 真野響子
15作
1977年
「花神」
大村益次郎
中村梅之助 浅丘ルリ子
16作
1978年
「黄金の日日」
呂宋助左衛門
市川染五郎 栗原小巻
17作
1979年
「草燃える」
源頼朝
石坂浩二 岩下志麻
18作
1980年
「獅子の時代」
平沼銑次
苅谷嘉顕
菅原文太
加藤剛
大原麗子
19作
1981年
「おんな太閤記」
ねね
佐久間良子 西田敏行
20作
1982年
「峠の群像」
大石内蔵助
緒形拳 多岐川裕美
コ12作目の「勝海舟」の主演が渡哲也さんから、松方弘樹さんに変更になっているのはなぜ?
渡哲也さんは、第9話の撮影時に肋膜炎に倒れ降板となったんだ。
主演俳優の降板というのは長い大河ドラマの歴史の中でも、この『勝海舟』の一度だけだよ。

21作-30作(1983-1992)

放送年 タイトル 主演 相手役
21作
1983年
「徳川家康」
徳川家康
滝田栄 大竹しのぶ
22作
1984年
「山河燃ゆ」
天羽賢治
天羽忠
松本幸四郎
西田敏行
多岐川裕美
23作
1985年
「春の波涛」
川上貞奴
松坂慶子 中村雅俊
24作
1986年
「いのち」
岩田(高原)未希
三田佳子 伊武雅刀
25作
1987年
「独眼竜政宗」
伊達政宗
渡辺謙 桜田淳子
26作
1988年
「武田信玄」
武田信玄
中井貴一 紺野美沙子
27作
1989年
「春日局」
春日局
大原麗子 山下真司
28作
1990年
「翔ぶが如く」
西郷隆盛
大久保利通
西田敏行
鹿賀丈史
田中裕子
29作
1991年
「太平記」
足利尊氏
真田広之 沢口靖子
30作
1992年
「信長」
織田信長
緒形直人 菊池桃子
大河ドラマ最大のヒット作といわれる「独眼竜政宗」は、2016年に行われた「今夜決定!最高の大河ドラマ」で1位を獲得するなど、いまだに根強い人気を誇る作品よ。
当時、そこまで知名度のなかった渡辺謙さんが、国民的な俳優となった出世作だね。
「独眼竜政宗」の舞台地・宮城県に観光客が大勢押し寄せたことを きっかけに、この作品以降は誘致合戦が行わるようになったよ。

31作-40作(1993-2001)

放送年 タイトル 主演 相手役
31作
1993年
「琉球の風」
楊啓泰
東山紀之 原田知世
32作
1993年
「炎立つ」
藤原経清
藤原清衡
藤原泰衡
渡辺謙
村上弘明
古手川祐子
33作
1994年
「花の乱」
日野富子
三田佳子 市川團十郎
34作
1995年
「八代将軍吉宗」
徳川吉宗
西田敏行 藤村志保
35作
1996年
「秀吉」
豊臣秀吉
竹中直人 沢口靖子
36作
1997年
「毛利元就」
毛利元就
中村橋之助 富田靖子
37作
1998年
「徳川慶喜」
徳川慶喜
本木雅弘 石田ひかり
38作
1999年
「元禄繚乱」
大石内蔵助
中村勘九郎 大竹しのぶ
39作
2000年
「葵 徳川三代」
徳川家康
徳川秀忠
徳川家光
津川雅彦
西田敏行
尾上辰之助
岩下志麻
40作
2001年
「北条時宗」
北条時宗
和泉元彌 西田ひかる
第35作で豊臣秀吉を演じた竹中直人さんは、インパクトが大きかった!
竹中さんは、真っ黒な顔でふんどし一丁で駆け回り、つばや鼻水を飛ばしまくっていたよ(笑)。
歴代の大河では きれいな武将が多いなか、テンション高く無様に演じた「秀吉」は、新しい試みだったね。

41作-50作(2002-2011)

放送年 タイトル 主演 相手役
41作
2002年
「利家とまつ」
前田利家
まつ
唐沢寿明
松嶋菜々子
42作
2003年
「武蔵 MUSASHI
宮本武蔵
市川新之助 米倉涼子
43作
2004年
「新選組!」
近藤勇
香取慎吾 麻生久美子
44作
2005年
「義経」
源義経
滝沢秀明 上戸彩
45作
2006年
「功名が辻」
千代
山内一豊
仲間由紀恵
上川隆也
46作
2007年
「風林火山」
山本勘助
内野聖陽 浅田美代子
47作
2008年
「篤姫」
天璋院
宮﨑あおい 瑛太
48作
2009年
「天地人」
直江兼続
妻夫木聡 相武紗季
49作
2010年
「龍馬伝」
坂本龍馬
福山雅治 蒼井優
50作
2011年
「江 〜姫たちの戦国〜
上野樹里 AKIRA
この時代は、視聴率が取れないといわれている幕末物(新選組、篤姫、龍馬伝など)が多い印象ね。
視聴率が良かった背景には、女性の視聴者を惹きつけたことが大きいようだよ。
香取慎吾さんや、福山雅治さんなど人気俳優を主役に抜擢したり、「篤姫」ではホームドラマの要素を取り入れた演出が好評だったね。

51作-60作(2012-2021)

放送年 タイトル 主演俳優 相手役
51作
2012年
「平清盛」
平清盛
松山ケンイチ
52作
2013年
「八重の桜」
新島八重
綾瀬はるか 綾野剛
53作
2014年
「軍師官兵衛」
黒田官兵衛
岡田准一 中谷美紀
54作
2015年
「花燃ゆ」
杉文
井上真央 東出昌大
55作
2016年
「真田丸」
真田信繁
堺雅人 黒木華
56作
2017年
「おんな城主 直虎」
井伊直虎
柴咲コウ 三浦春馬
57作
2018年
「西郷どん」
西郷隆盛
鈴木亮平 黒木華
58作
2019年
「いだてん」
金栗四三
田畑政治
中村勘九郎
阿部サダヲ
綾瀬はるか
麻生久美子
59作
2020年
「麒麟がくる」
明智光秀
長谷川博己 木村文乃
60作
2021年
「青天を衝け」
渋沢栄一
吉沢亮
この時代は女性主人公が3作品と多い印象だけど、視聴率はイマイチだったみたいね。
過去の日本では、残念ながら男女平等ではなかった。
だから、歴史を扱う「大河ドラマ」では、物語を動かすのは、どうしても脇の男性陣になってしまって、女性主人公の存在が薄くなってしまうんだ。

61作-(2022-)

放送年 タイトル 主演俳優 女優
61作
2022年
「鎌倉殿の13人」
北条義時
小栗旬
61作の「鎌倉殿の13人」の脚本は「新選組!」を手掛けた三谷幸喜さんだから楽しみだな~。
主演の小栗旬さんは、子役時代から合わせて大河作品に過去7作品出演しているんだ。
「葵 徳川三代」、「義経」に出演し、「天地人」の石田光成役でブレイク、最近では「西郷どん」で坂本龍馬役を演じており、着実にキャリアを積んできているよね。
2022年では、とうとう主演となるので、小栗さんのこれまでの集大成を見せてもらいたいよ。
スポンサードリンク

「大河ドラマ」主演の最年少は?ギャラはいくら?

半世紀以上も続いてきた長い「大河ドラマ」の主演を務めた俳優の中で最年少は誰なのか調べてみました。

「篤姫」主演の宮崎あおいが最年少

大河ドラマ史上最年少の主演は、2008年に放送された「篤姫」の主演・宮崎あおいさんでした。

演じた当時の年齢は22歳!

しかし、宮崎さんは22歳とはいえ4歳の頃から子役として活動しているので、芸歴は18年とベテランでした。

また朝ドラ「純情きらり(2006年)」でも主演をつとめた経験があり、演技力には定評があったので、若くして大河の主演を任されたようです。

「大河ドラマ」主演のギャラは?

“演技の紅白歌合戦”と呼ばれる「大河ドラマ」の主演のギャラは、一体いくらくらいなのでしょうか?

堺雅人さんの場合は・・・

『真田丸(2016年)』で主演をつとめた堺雅人さんのギャラは、1話=70万円だそうです。

まぁまぁ高いじゃん!と思いましたが、堺さんの名を一躍有名にした「半沢直樹」は、1話=180万円、「リーガルハイ」では1話=200万円とのことなので、「大河ドラマ」は、半分以下のギャラのようです。

『功名が辻(2006年)』で、主人公の山内一豊の同僚・堀尾吉晴の妻“いと”役を演じる予定だった杉田かおるさんは、ギャラが思ったよりも安いという理由から降板したということもありました。

NHKは、民放よりもギャラが安いとは聞きますが、「大河ドラマ」も例外ではないようですね。

最後に

歴代の『大河ドラマ』の主演俳優・女優をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

『大河ドラマ』の主役を務めるというのは、相当な責任と重圧があると思いますが、その演技が認められれば、トップスターへの仲間入りが約束されます。

今後も、『大河ドラマ』の主演に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク