【紅白歌合戦・歴代司会者と総合司会者一覧】勝敗の行方は?

その年の“顔”ともいうべき人が選ばれる紅白歌合戦の司会者。

紅白歌合戦の司会者には、「紅組司会者」、「白組司会者」、「総合司会者」が存在します。

紅組は女性が、白組は男性が担当するイメージがあるわ。
司会未経験の人が抜擢されたり、出場歌手が担当することもあるよ。

そこで今回は、紅白歌合戦の歴代司会者と勝敗、そして司会者数ランキングをまとめてみました。

スポンサードリンク

紅白歌合戦・歴代司会者と総合司会者一覧!勝敗は?

1951-1960

回/年 紅組司会 白組司会 総合司会 勝敗
1回1951 加藤道子 藤倉修一 田辺正晴
2回1952 丹下キヨ子
3回1953 本田寿賀 宮田輝 志村正順
4回1953 水の江瀧子 高橋圭三 北出清五郎
5回1954 福士夏江 石井鐘三郎
6回1955 宮田輝
7回1956
8回1957 水の江瀧子
9回1958 黒柳徹子
10回1959 中村メイコ
11回1960
テレビ女優の第一号だった黒柳徹子さんは、1958年には、すでに司会を経験してるのね。
この時代の勝敗結果は、両司会者がステージ袖に向かってボールを投げ、数が多い方が勝ちという方法をとっていたんだ。

1961-1970

回/年 紅組司会 白組司会 総合司会 勝敗
12回1961 中村メイコ 高橋圭三 穂坂俊明
13回1962 森光子 宮田輝 石井鐘三郎
14回1963 江利チエミ
15回1964
16回1965 林美智子
17回1966 ペギー葉山
18回1967 九重佑三子 北出清五郎
19回1968 水前寺清子 坂本九 宮田輝
20回1969 伊東ゆかり
21回1970 美空ひばり 宮田輝 北出清五郎
第20回の紅組司会者・美空ひばりさんは、その年のオオトリで歌手としても出場していたんだ!
司会者がオオトリを務めたのは、美空ひばりさんが初めてなんだよ。

1971-1980

回/年 紅組司会 白組司会 総合司会 勝敗
22回1971 水前寺清子 宮田輝 鈴木文彌
23回1972 佐良直美 山川静夫
24回1973 水前寺清子
25回1974 佐良直美 山川静夫 土門正夫
中江陽三
26回1975 相川浩
27回1976
28回1977
29回1978 水前寺清子
30回1979 黒柳徹子 中江陽三
31回1980
この頃から観客も審査を開始したみたいだね。
観客は、うちわやカードに描かれた司会者の似顔絵を示して、それを日本野鳥の会が数えるという方法が始まったんだ。

1981-1990

回/年 紅組司会 白組司会 総合司会 勝敗
32回1981 黒柳徹子 山川静夫 生方惠一
33回1982
34回1983 鈴木健二 タモリ
35回1984 森光子 生方惠一
36回1985 森昌子 千田正穂
37回1986 目加田賴子
斉藤由貴
千田正穂
加山雄三
吉川精一
38回1987年 和田アキ子 加山雄三
39回1988年 杉浦圭子
40回1989年 三田佳子 武田鉄矢 松平定知
41回1990年 西田敏行
第38回と39回は、2年連続で和田アキ子さんと加山雄三さんが司会を務めているね。
二人の掛け合いと、進行のうまさが評価されたんだね。あと並んだときの身長のバランスが良いというのも抜擢の理由らしいよ(笑)。

1991-2000

回/年 紅組司会 白組司会 総合司会 勝敗
42回1991 浅野ゆう子 堺正章 山川静夫
43回1992 石田ひかり
44回1993 森田美由紀
45回1994 上沼恵美子 古舘伊知郎 宮川泰夫
46回1995 宮本隆治
草野満代
47回1996 松たか子
48回1997 和田アキ子 中居正広
(SMAP)
宮本隆治
49回1998 久保純子
50回1999
51回2000 5代中村勘九郎
第43、44回の司会者は女優の石田ひかりさんだ。石田さんといえば朝ドラ「ひらり」のヒロインで大ブレイクしてた頃だね。
その年のNHKへの貢献度から、司会や歌手が選ばれることも多いんだ。

2001-2010

回/年 紅組司会 白組司会 総合司会 勝敗
52回2001 有働由美子 阿部渉 三宅民夫
53回2002
54回2003 有働由美子
膳場貴子
阿部渉
高山哲哉
武内陶子
55回2004 小野文惠 阿部渉 堀尾正明
56回2005 仲間由紀恵 山本耕史 みのもんた
山根基世
57回2006 中居正広
(SMAP)
三宅民夫
黒崎めぐみ
58回2007 中居正広
(SMAP)
笑福亭鶴瓶 松本和也
住吉美紀
59回2008 仲間由紀恵 中居正広
(SMAP)
松本和也
小野文惠
60回2009 阿部渉
61回2010 松下奈緒
SMAPの中居くんは白組司会はもちろん、女性が担当するのが普通の紅組司会者も務めてるね。
中居くんが当然白組の司会者だと思っていた当時の報道陣は、めちゃくちゃ驚いたみたいだよ。

2011-2020

回/年 紅組司会 白組司会 総合司会 勝敗
62回2011 井上真央 阿部渉
63回2012 堀北真希 有働由美子
64回2013 綾瀬はるか
65回2014 吉高由里子
66回2015 綾瀬はるか 井ノ原快彦
(V6)
黒柳徹子
有働由美子
67回2016 有村架純 相葉雅紀
(嵐)
武田真一
68回2017 二宮和也
(嵐)
内村光良
桑子真帆
69回2018 広瀬すず 櫻井翔
(嵐)
70回2019 綾瀬はるか 内村光良
71回2020
この時代の白組司会者は全員ジャーニーズ事務所のタレントさんだね。
紅組の女性司会者は、朝ドラのヒロインを務めた女優さんが多いね。何度もチェンジする衣装も注目されるよ。
スポンサードリンク

紅白歴代司会者数ランキング

紅組【1位】黒柳徹子/佐良直美 5回

黒柳徹子

NHK専属女優をしていた黒柳さんは、1958年(第9回)の紅白歌合戦で初めて司会者を務めたのを期に、5回も紅組司会者を経験。

2015年の『第66回NHK紅白歌合戦』の総合司会を担当した年齢は83歳!紅白で司会を務めた中では最高齢でした。

佐良直美

佐良直美さんは、歌手として第18回から30回まで連続13回連続出場し、第25回から第28回まで5回連続司会者を務めたスゴイ人。

おまけに、紅組司会者を務めた5回とも歌手としても出場しており、歌手兼司会回数でもトップ

紅組【2位】水前寺清子/仲間由紀恵 4回

水前寺清子

第16回から第37回まで連続22回歌手として出場するかたわら、紅組の司会を4回務めた。

その場を盛り上げるのが上手な水前寺清子さんは、番組のムードメーカーとしてNHKも重宝していたようです。

仲間由紀恵

ドラマ『ごくせん』がヒットし、大河ドラマ『功名が辻』で主演となったことから4回も紅組司会を務めた仲間由紀恵さん。

また2008年には、紅白以外に『24時間テレビ』の司会もやるなど、大ブレイクしていましたね。

紅組【3位】有働由美子/久保純子/森光子/和田アキ子/中村メイコ 3回

有働由美子

紅組司会3回、総合司会2回を務めた有働さん。

NHK「あさイチ」の司会者としても活躍し、その実力と好感度の高さから起用されていたようです。(現フリー)。

総合司会の時の衣装は、総額数千万単位の予算をかけることもあるというから驚きです。

久保純子

“クボジュン”の愛称とともに、NHKの「アイドルアナウンサー」として活躍した久保純子さん。

ある番組で久保さんは「紅白の台本は電話帳2冊分位の厚さがあること」や、「紅白の特別手当は1000円」だったと明かしています。

それにしても、NHKさん・・・もっとあげて下さい(笑)。

森光子

紅組司会3回、応援ゲスト3回、審査員8回と紅白にゆかりのある森光子さん。

女優の才能だけでなく、司会者としての実力も十分にある素晴らしい方でした。

和田アキ子

歌手として39回も出場し、紅組司会者を3回も務めた和田アキ子さん。

司会では堂々としていた和田さんですが、歌う前には手が震えて、水もうまく飲めないほど緊張していたようです。

中村メイコ

第10回から第12回まで3年連続紅組の司会を務めた中村メイコさん。

NHK朝ドラ『さくら』、『風のハルカ』、大河ドラマ『篤姫』などNHKのドラマにも多数出演し貢献しました。

白組【1位】宮田輝 11回

宮田輝

白組11回、紅組2回、総合司会2回、通算15回の司会者記録を持つアナウンサーの宮田輝さん。

1955年(第6回)紅組の司会者を担当したのも宮田さんが最初で、当時は「男のくせに女の方を応援するなんてけしからん!」と司会進行を妨げるほどの怒号が飛んだとか。

すごい時代ですね(笑)。

白組【2位】高橋圭三/山川静夫 9回

高橋圭三

1953年から1961年まで白組司会を9年連続務めたアナウンサーの高橋圭三さん。

NHKから初のフリーアナウンサーに転身したパイオニアでもあります。

山川静夫

白組司会9回のほかに、総合司会、進行など通算14回担当したアナウンサーの山川静夫さん。

高橋圭三さんの後輩にあたる人物です。

白組【3位】嵐 5回

【3位】嵐

白組司会者数の1位、2位がNHKアナウンサーによって占められるなか、3位に食い込んだ国民的アイドルの嵐。

2010年のグループでの司会は、紅白の長い歴史の中でも初めてのことでした。

2020年12月31日の活動を休止する嵐。

活動休止前の最後の日に、紅白の司会&オオトリを務めることは大いにありそうですね。

紅白歴代総合司会者数ランキング

【1位】石井鐘三郎 13回

石井鐘三郎

元NHKアナウンサーで、総合司会13回の記録を持つ石井鐘三郎さん。

回数もさることながら、連続回数でも最長記録を保持しています。

【2位】宮本隆治 6回

宮本隆治

大塚範一、池上彰と同期でNHKに入社した宮本隆治さん。

紅白の司会をすることはアナウンサーになっての目標だったとか。

本番6日前に厚さ3cmの台本が与えられ、6日間の期間にすべて暗記したと明かしています。

先輩の山川静夫さんにもアドバイスをもらっていたとか。

司会進行に慣れているアナウンサーでも、やはり「紅白」は特別なんですね。

【3位】有働由美子/相川浩 4回

有働由美子

総合司会者数4回の記録を持つ有働さんは、さきほど述べた通り、紅組司会数3位の記録もお持ちです。

相川浩

総合司会4回で、有働由美子さんと並ぶ3位の記録を持つ相川浩さん。

紅白の総合司会の1位~3位はすべてNHKのアナウンサーが占める結果となりました。

その理由として考えられるのは、生放送中に災害や事故などが起こったときも、NHKアナウンサーなら対応できるということのようです。

紅白歌合戦の勝敗は?

紅白歌合戦はれっきとした戦いなので、紅組か白組かで、最後に必ず勝敗がつきます。

これまでの優勝回数は以下の通りです。

■紅組 31回

■白組 38回

という結果となっています。
白組が現在(第69回まで)はやや優勢となっており、平成だけみると白組の勝率が、おおよそ2倍になっています。
「エンディングの蛍の光の直前に歌うアーティストがいる方の組が優勝する」など色々なジンクスがあるようですが、今年はどちらが優勝するのか今から楽しみです。

最後に

1年の締めくくりに放送される『紅白歌合戦』。

視聴率が下がっているとはいえ、日本人にとって大切な番組であることは確かです。

そんな番組の司会を任されるということは、タレントや女優はもちろん、アナウンサーであっても相当なプレッシャーがあることが分かりました。

その一方、司会に抜擢されると本番までNHK関連の仕事がたくさん入り、知名度もアップすることは間違いありません。

さて今年の“顔”となる司会者は、一体だれになるのでしょうかー。

スポンサードリンク